Event Support Groups ガイドライン 

イベント前

各イベントサポートグループは、惑星のための光を保持し、準備を怠らないようにします

1、週に一度の物理的なミーティング・週間解放瞑想の実施 

  1. 全てのイベントサポートグループには、週に一度、同じ時間、できれば同じ場所で物理的に会う必要があります。フェイスブックやスカイプでは十分ではありません。
  2. 全てのイベントサポートグループには、週間解放瞑想を行うことが推奨されています。
  3. イベントサポートグループのメンバー全員が独自のイベントへの準備について話せることと、移行への貢献方法を積極的に探せることが推奨されています。

3、隣人との交流、協力者のリストアップ

イベントの前だと、イベントを否定したり、話を無視したり、イベントの促進への協力を拒んだりする人もいるでしょう。でもイベントの後になると、それは全く違う話になります。都会や田舎に関わらず、隣人をあらかじめ知っておいて下さい。直接関わらなくてもいいので、彼らの集団や性格を知っておいて下さい。円滑な移行を実現するためには、彼らとは一緒に働く必要があるのです。

そのままで重要な役割を果たせそうなグループがあります。ヨガ教室、瞑想教室、有機栽培や家庭菜園をしている市民組織などがそうです。共同体の団結による取り組みは要求されるでしょうし、それによる雪だるま効果も期待できるでしょう。食料やエネルギーの生産、教育制度、金融システムなどを健全に戻すための再構築が必要です。移行に不安を感じる人もいるので、共同体の団結や組織化は同時に人々を落ち着かせます。

目標は全員を物理的に、精神的、感情的に健康な状態に保つことです。相違があっても、異なる交流圏にいる人たちを招いて一緒に働きましょう。今だと、彼らはまだその気になれないかも知れませんが、イベントが始まれば、彼らの多くも気が変わるでしょう。イベント前に、より多くの準備を始めれば、イベント後の移行はより楽になります。

4、学びとトレーニング

グループの使命を支援する人(グループリーダー)とイベント発生時に当地の政府・関係機関に接触をするメンバーは、Planetary Leadership Groupが提示するプロトコルに添って行動しなければなりません。そのために、トレーニングを怠らないようにしてイベントに備えます。

※ 参照:Leadership Protocols