Sisterhood of the Rose

すべてのライトワーカーとSOTRグループへの重要な呼びかけ

イベントの時に必要となるのは、落ち着きと平和で愛に満ちた調和のとれたエネルギーです。そのため、光のレジスタンス・ムーブメントは、イベントの時にすべてのシスターフッド・オブ・ザ・ローズグループが集まり、平和な移行のために瞑想し、愛と調和の女神のエネルギーを呼び出すことを要求しています。

コブラの説明によると、イベントサポートグループが男性的な側面で働くのと同様に、これらのグループはイベントの女性的な側面で働くとのことです。

私たちの移行期においてバランスを取るためには、この2つのグループの活動が絶対に必要であることを理解することが重要です。しかし、ほとんどのイベントサポートグループは、瞑想をするために集まっていますので、イベントサポートグループは、女性的な側面と男性的な側面の両方のワークを取り入れています。

昨年5月(2014年5月) 、コブラは「Sisterhood of the Rose」というグループについての情報を提供してくれました。そして、光の力が「イベントの時には、Sisterhood of the Roseの全グループが集まり、平和的な移行のための瞑想を行い、愛と調和の女神のエネルギーを呼び覚ますように」と要請していることを教えてくれました。ここでは、昨年5月にコブラがこのグループの活動を紹介したときの文章をお届けします。

アトランティスでは、女神の巫女たちが12人のサークルで集まり、平和と調和のエネルギーを定着させていました。彼女たちは「薔薇の姉妹団」と呼ばれていました。彼女たちは後に古代エジプトでイシスの巫女として再登場し、バラは女神イシスの神聖なシンボルとなりました。十字軍の時代には、バラの姉妹団はテンプル騎士団に相当する女性組織でした。第二次世界大戦中、彼女たちはナチスの幹部に影響を与えようとし、時には彼らをより平和的な方法に説得することに成功し、多くの命を救いました。

女性性の原理は、人類の歴史の中で、アルコンによって女性の性的エネルギーのコントロールと操作によって抑圧されてきました。女性性を解放する鍵は、女性が自分の性的エネルギーを感じ、それを自分のハートに合わせ、自分のやり方で表現することです。

女神と内的なつながりを持つ女性や男性が、ローズのシスターフッドを再活性化するためにグループで集まり始めることが、光の力から要請されています。それらのグループは、少なくとも週に一度は物理的に集まり、それぞれ独自の方法で惑星の平和のために女神のエネルギーを呼び起こす必要があります。これらのグループは、イベントサポートグループが男性的な側面を表すのに対し、イベント開催時の惑星の移行をサポートする女性的な側面となります。

イベント開催時には、すべてのSisterhood of the Rose グループが集まり、平和な移行のために瞑想し、愛と調和の女神エネルギーを呼び出すことが、光の力から要請されています。

イベント終了後、多くの女神の神殿が建てられます。これは決して、人々が参加しなければならない新たな宗教の兆候として受け取られるべきではありません。寺院は美しい静かな瞑想の場となり、人々が望むならば、自分自身の「私」の存在と再接続するために行くことを選ぶことができます。

私たち一人一人が、明確な意図を持って変化を起こしていきます。平和の柱になるという私たちの決断は、ガイアのあらゆる場所で平和への移行をもたらします。

いま地球解放のために最重要な瞑想の音声ガイド一覧 ≫ YouTubeチャンネル「働かなくてもいい社会」